「バスターミナル学習室」(任意団体)会則
(名称)
第1条本会は、バスターミナル学習室と称する。

(事務所) 
第2条本会の事務所は、「〒854-0071長崎県諫早市永昌東町10-1県営バスターミナル2階」に置く。

(目的) 
第3条本会は、学力格差を補う取組に関する活動(事業)を行うことにより、学校の授業(基礎学力の定着)を補習することを目的とし、平成31年月4月1日設立する。

(活動・事業の種類)
第4条本会は、前条の目的を達成するために教育支援活動を行い次の事業を実施する。
(1)教科書を中心とした予習・復習
① 学校で教わる次時の学習内容の予習
② 学校で教わった学習内容の復習(テストやドリル、プリント等の誤った個所の定着)
(2)将来への夢や実現するための学習を考え、身に付けるための教育相談
(3)大人や社会とのつながる喜びを味あわせるためのふれあい活動

(会員)
第5条本会の会員は、次の2種類とする。
(1)正会員は、この会の目的に賛同し入会した者とする。
(2)準会員は、この会の事業を賛助するために入会したものとする。

(入会)
第6条会員として入会しようとする者は、入会申込書を代表に提出し、役員の承認を得るものとする。

(会費)
第7条会員は、以下に定める年会費を納入しなければならない。
(1)正会員1000円
(2)準会員0円

(退会)
第8条会員は、退会届を代表に提出し任意に退会することができる。
2 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、退会したものとみなす。
(1)本人が死亡したとき。
(2)本人と連絡が1年以上途絶えたとき。

(役員)
第9条本会に次の執行役員及び監査役を置く。
(1)代表
(2)代表補佐
(3)事務局長
(4)監査役
2 第1項に定める役員は、正会員の互選により選出する。
3 役員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。

(職務)
第10条代表は、本会を代表し、その業務を統括する。
2 代表補佐は、代表を補佐し、これに事故あるときまたは欠席のときは、その職務を代行する。
3 事務局長は、会の業務および財産の事務・経理を行う。
4 監査役は、役員会の業務執行の状況及び財産状況を監査する。

(解任)
第11条役員が次の各号のいずれかに該当するときは、これを解任することがで
きる。
心身の故障により、職務の執行に堪えられない等、総会において解任の議決がなされたとき。

(資産)
第12条この法人の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
(1) 財産目録に記載された財産
(2) 入会金及び会費
(3) 寄附金品
(4) 財産から生じる収入
(5) 事業に伴う収入
(6) その他の収入

(総会)
第13条本会の総会は、正会員を持って構成し、年に1回開催するものとする。ただし、必要がある
ときは臨時に開催できるものとする。
2 総会は、以下の事項について議決する。
(1)会則の変更
(2)解散
(3)事業の変更
(4)事業報告及び収支決算
(5)役員の選任又は解任
(6)その他会の運営に関する重要事項
3 総会は、正会員の過半数の出席がなければ、開会することができない。

(議事録)
第14条総会の議事については、議事録を作成する。

(役員会)
第15条役員会は執行役員を持って構成する。
2 役員会は、総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決を要しない業務の執行に関
し、議決する。

(事業報告書及び決算)
第16条会長は、毎事業年度終了後2か月以内に事業報告書、収支計算書を作成し、監査を経て総会
の承認を得なければならない。

(事業年度)
第17条本会の事業年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。

(事務局)
第18条本会の事務を処理するため、事務局を置く。

(解散)
第19 条この団体は、次に掲げる事由によって解散する。
(1)総会の決議
(2)目的とする特定非営利活動に係る事業の成功の不能
(3)正会員の欠亡
(4)合併
2 総会の決議により解散する場合は、正会員総数の4分の3以上の承諾を得なければならない。

(委任)
第20条この会則に定めのない事項は、総会の議決を経て、代表が別に定める。

(変更)
第21条この会則は、総会において、出席者の過半数以上の承認がなければ変更できない。

附則
1 この会則は、平成31年4月1日から施行する。__

バスターミナル学習室

諫早のボランティア活動の学びの場です。
バースターミナル学習室